--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-31(Sat)

出産って大変!無痛分娩①

臨月に入って何度目かの前駆陣痛に騙され

ようやく出産予定日の午前3時

10分間隔の規則正しい痛みが訪れました。

初めてのお産だったので、痛みが来る度心臓バクバク。

とりあえず夜が明けるのを待って、午前7時に来院しました。

処置室に連れて行かれましたが、子宮口は全然開いてなくて、

「今日は不発かもね〜!」

なんて看護師さんに軽く言われましたが、

いつもと違う痛みだから絶対今日産むと勝手に固い決意をしていました。

午後になって子宮口が少し開き始めた所で、無痛分娩の為の準備に入りました。

(痛みに弱い私に先生はしきりに無痛分娩を勧めてきたんですが、この選択が間違いだったような

気がします。)

エビみたいな体制をとらされ、腰に硬膜外麻酔を打ちました。

注射がかなり苦手な私ですが、硬膜外麻酔はさほど痛くありませんでした。

どちらかと言えば、点滴の方が痛かったです。

さて、この硬膜外麻酔・・・・。

まず、打つとトイレに行けなくなります。

導尿されました。

また下半身のコントロールができなくなるので

おならが「ぷぷぷぷ」と出ても自力で止めることはできません。

隣のベッドにいた妊婦さんごめんなさい。

私の場合完全な無痛ではなく

我慢できる程度の陣痛の痛みがありました。

しかーし!!

左胸の下一部分だけ全く麻酔が効いておらず、

それはそれは悪夢のような激痛が続きました。

硬膜外麻酔は切れてくると追加されるんですが

追加と同時に促進剤を注入されるんです!!

この

「無痛分娩」

は、曲者で微弱陣痛の為、お産がなかなか進まないんです。

夜中11時になっても子宮口3センチ開大で

果ては先生が

「一旦、麻酔止めて、今日はもう家に帰る??」

なんて言い出す始末。

はっきり言って、ここまで痛い思いをしたのに冗談じゃない!!

なので

「促進剤追加してください。」

泣く泣くお願いしました。

そして午前8時半ようやく分娩台へ!

自力で!

こんな事ってあるんでしょうか?

下半身麻酔効いてて、感覚ないんですよ???

普通、車いすとか用意してくれそうなものなのに。

「無理です!」

と訴えると、両脇を看護師さんに抱えられ

歩かされました。

鬼かと思いました。

そして陣痛から30時間、いよいよお産です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

広告・PR・人気商品

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告・PR・人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。