--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-06(Fri)

折れてました。

ちょっと開いてしまいまいたが
産後の続きです。

尿も便も母乳も出ない私を
もっと苦しめた出来事。

それは・・・


出産の際に尾てい骨が折れた事です。


産後ひと月寝たきりでした。

産んだ直後は麻酔が効いててわかりませんでした。
麻酔が切れてからは後陣痛の痛みどめを飲んでいたので
気付きませんでした。

おかしいなと思ったのは
出産翌日。

ベットから体を起こすたびに
体に激痛が走ります。

もちろん寝返りも激痛です。

赤ちゃんを抱っこするのも
おむつを替えるのも・・・。

極め付きは中腰の沐浴指導だったと思います。
(この後立てなくなりました。)

でも、産婦人科はひどいんですよ。

「折れてると思うのでレントゲン撮って下さい」ってお願いしても

「折れてませんよ。それに折れてたとしても安静にしてるより他に方法はないでしょ?」


全く取り合ってくれませんでした。


結局退院後、旦那の実家で寝たきり生活となり、すごく肩身の狭い思いをしました。

私の実家は沖縄で母は高齢なので、お手伝いに来る事もできず

義実家にお世話になったのです。

私はもともとものすごく気を遣う性格で、義実家では緊張しっぱなし。

加えて出ない出ないの三重苦。

産後1ヶ月が過ぎてようやく体調が戻って来たころ、極度の緊張と不安と寝不足から

めまいで倒れ救急車で病院へ搬送されました。

即入院と言われたものの、赤ちゃんと離れるなんてできませんと

気合で帰宅しました。



以前「う○ち」がでないという記事で整形外科でレントゲンを撮ってもらったと

書きましたが、この整形外科の先生・・・。

「尾てい骨が痛い」と言っているのに

腰のレントゲンを撮り、あげく

「骨折はしていません。」という診断をし、

私は義実家で怠け者扱いです。


でもどうしても納得いかなかったので

産後半年経ってから(腰痛で)もう一度別の整形外科を受診しました。

すると

「尾てい骨に折れた痕がありますね。」

診断されて泣いちゃいました。


本当に本当にしんどかったんだよーーーーー!

育児を楽しむ余裕もなく

赤ちゃんが一番かわいい時期を

棒に振ってしまいました。


でも生後半年が経過してようやく

少しずつ幸せを感じることができました。

8ヶ月健診のあの日までは・・・。


















ポチっと押して頂けると有難いです。
宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

広告・PR・人気商品

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告・PR・人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。