--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-24(Tue)

心房中隔欠損症闘病記12

〜予防接種とシナジス〜


感染症予防の為、手術までに打てるだけの予防接種を受けるように言われ


スケジュールを立てて以下を打ちました。

・三種混合
・MR
・ヒブ(有料)
・水疱瘡(有料)
・おたふく(有料)
・肺炎球菌(有料)
・インフルエンザ(有料)



当時はまだヒブも肺炎球菌も有料だった為、予防接種代だけでも

かなりの出費となりました。

またRSウィルスの感染症予防の為

1歳5ヶ月から2歳の誕生月まで毎月1回シナジスの接種に病院へ通いました。


※シナジスは、RSウィルスによる重症呼吸器感染症の発症を抑制するための

注射薬です。

またワクチンではなく抗体を注射する為、効果が一か月しか持続せず

月に1度注射する必要があります。

(以上は小児心臓内科医からの説明ですが、記憶があいまいなので

ニュアンスが微妙に違うところがあったらすみません。)


費用ですが、娘は先天性心疾患児(他に保険適用児は早産児・慢性肺疾患を持つ児)だった為、

乳幼児医療が使えて有難いことに1回200円で受けられたんですが、

保険適用外なら高額な費用がかかります。

当時の「医療費のお知らせ」を見ると

シナジスの接種で1回二十数万円と記載されていました。


(とてもじゃないけど保険適用外だったら接種できませんでした。)



そしてこのシナジス・・・・。


私が今まで見た(受けた)注射の中で

恐らく恐怖度ナンバー1です。


では続きはまた次回・・・。








※赤ちゃんや子供の定期健診は本当に大事です。
結果的にうちの娘は命を救って頂きました。
どうか忘れずきちんと受けて下さい。








ポチっと押して頂けると有難いです。
宜しくお願い致します。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

広告・PR・人気商品

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告・PR・人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。