--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-25(Wed)

心房中隔欠損症闘病記13

〜シナジス体験記(私じゃないけど)〜


さてシナジスについてですが、まず見た目が怖いです。

シナジスの注射器を見た途端背筋に冷たいものが走りました。

例えるなら、「鉛筆」です。

注射器が鉛筆のように細く長いんです。

それを両太ももに打つんです。

腕じゃなく太ももというだけでも力が抜けそうです。


「大変危険ですので、しっかり押さえていて下さい。」


娘の両腕をしっかり押さえてスタンバイしてると。

ブスッ(という音が聞こえるような気がします。)

打ったと同時に娘、阿鼻叫喚です。

それが1本ではなく2本・・・。

接種したところは翌日青タンになっていました。


あれは確か最後から二番目のシナジス接種だったと思います。

(娘1歳11ヶ月)

いつも私と二人で受診するのですが、その日は主人のご両親が

病院へ付き添ってくれました。

シナジス接種後はいつも30分くらい泣き続けるのに

5分くらいで泣き止んだ娘。

みんなに「偉いね〜!」「すごいね〜!」と褒めてもらってご満悦。


・・・と思いきや

うちに帰って義両親と別れた途端


「ママー痛かったー、うわーん。」


と30分たっぷり泣き続けました。

娘の小さな見栄に私まで何だか泣けてきて、

「よしよし、小さいのに頑張った。」

ギュッと強く抱きしめながら慰めました。




シナジスのせいかはわかりませんが

現在6歳の娘はすっかり注射恐怖症になり、予防接種の日は

診察室から逃亡するという技を覚えました。







※赤ちゃんや子供の定期健診は本当に大事です。
結果的にうちの娘は命を救って頂きました。
どうか忘れずきちんと受けて下さい。








ポチっと押して頂けると有難いです。
宜しくお願い致します。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

娘ちゃん、小さいのにがんばったね。

それを毎月だなんて・・。

いみくじぴーこさんも辛かったでしょう・・(>_<)

Re: No title

コメントありがとうございます!

あの頃は本当に辛かったです。

シナジスは本当に寒気がするくらい

注射器が鋭いので・・・。

広告・PR・人気商品

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告・PR・人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。